ポイントとクレジットカードで楽しい生活ライフ
コツコツ節約を応援するサイト

お得なWポイントを大手コンビニ3社、セブン・ローソン・ファミマで比較!

ここは>お得なWポイントを大手コンビニ3社、セブン・ローソン・ファミマで比較!

大手コンビニ3社でポイント数を比べてみました

更新:2017/11/13
コンビニ3社で比べてみた
媒体セブンイレブン

nanaco

ローソン

おさいふ
Ponta

ファミリーマート

ファミマ
Tカード

ポイントカード提示 ×
  • 100円=1pt(1円相当)
  • 200円=1pt(1円)
現金チャージ→ポイントカード支払い
  • 100円=1pt(1円相当)
  • 100円=1pt(1円)
  • 200円=1pt
グループ社クレジットカードチャージ→ポイントカード支払い
  • セブンカード・プラスチャージ:200円=1pt+支払い1pt
  • クレディセゾン:1,000円=1pt
  • T-マネーで500円=1pt<オートチャージ・クレジットチャージのポイント付与無し>/li>
他社クレジットカードチャージ→ポイントカード支払い 月間累計に対してポイント加算+「ポイント払い」
グループ発行クレジットカード払い(別カードとのWポイント不可)
  • nanaco一体型セブンカード・プラス:200円=3pt(100円=1.5pt)
  • JMBローソンPontaカードVisa100円=2pt

    クレジット会社側で1,000円=5pt/月、計100円=2.5pt
  • ファミマTカード
    クレジットカード:200円=1pt(100円=0.5pt)
+限定ポイント
  • 特になし
  • 商品限定10pt~150pt前後がプラス
  • 火曜・土曜=5倍、200円=5pt(100円=2.5pt)
100円に対しての結果(限定抜き)
  • セブンカード・プラスでnanacoへチャージ200円=1pt(100円=0.5pt)

    nanaco払い100円=1ptで計1.5pt
  • JMBローソンPontaカードVisa100円=2pt

    クレジット会社側で1,000円=5pt/月(100円=0.5pt)で計2.5pt
  • カード掲示、チャージ、クレジットどれも200円=1ptで計0.5pt
使いどころ
  • 電子マネー交換
  • マイル交換
  • オムニ7(セブンネット、セブンイレブンネットサービス、西武・そごう、イトーヨーカドー、アカチャンホンポ、ロフトネット、デニーズ、セブン旅ネット)ネット通販
    nanacoポイント提携先
  • 募金
  • 電子マネー交換
  • ローソン、高島屋、じゃらんnet、ホットペッパーグルメ、AOKI、ポンパレモール、HMV、ゲオなど多数
    Pontaポイント提携先
  • ファミマ、スリーエフ、サークルK店頭
  • Tポイント提携先(TSUTAYA、GYAO、Yahoo!ブックストア、三越、伊勢丹、マルエツ、Ameba、Tトラベル、ガスト、ドトール、吉野家など他多数)
    T-POINT提携先

身近なコンビニでダブルポイント

定番のコンビニ3社を例に取り上げてみます。

    セブンイレブン、LAWSON、FamilyMart

  • セブンイレブン=nanaco(100円=1pt→1円)
  • LAWSON=ponta(100円=1pt→1円)
  • FamilyMart+サークルKサンクス=ファミマTカード(T-point)(200円=1pt→1円)

比べてみるとFamilyMartが200円で1ptですね。0.5%とちょっと低めです。
nanacoは入会料に300円かかります(8がつく日は無料)

これで一つポイント付与。

    次は払う側の電子マネーです。これも大きく2つ

  • 共通の電子マネーで払う。楽天Edy等
  • その店で提携しているクレジットカード付や限定の電子マネー

細かいことは別でご紹介してますが、電子マネーは100円=1ptがほとんどです。
これで1回の買い物で二つのポイントが付与されます。下で詳しく紹介。

クレジット付き等は提携場所によって2%~3%、イベントで5倍~10倍付くことがありますが時期的なものや入会後1~3ヶ月は~みたいになるので最初だけです。

ダブルポイントが付く例

例1”LAWSON”
1,000円払うのにpontaを出し、楽天Edyで払うと、pontaの10pt+楽天Edyで連携されたT-pointで10ptになり20pt、20円分がポイントになります。

例2
pontaで10pt、iDで1ptです。私のiDは1pt=5円なので15円分のポイント。

例3
セブンイレブンで1,000円の場合
nanacoにリクルートカードからチャージするとリクルート側で1.2pt付きます。1,000円で12円。
それをチャージしたnanacoで払うと1pt付きますので計2.2ptになり、1,000円で22円となります。

【注意ですよ】
クレジットカードと一体化(ポストペイ式)の場合は注意が必要です。
例えば三井住友クレジットカードとiD一体型だとiDで払っても1ヶ月後にクレジットカードに合計されて引き落としされます。
ポストペイ式はクレジットカード登録が基本です。クレジット払いとID払いは結局のところ月間累計によるクレジット会社で払ったことになります。チャージ(プリペイド式)という形とは違います。

ポイントの仕組みは以下のようになります
iDで払った場合クレジットカードの引き落としに合計された金額に対しポイントが付きます。
1,000円で1pt、1pt=5円になります。
例えばセブンイレブンで使う場合、1,000円分をこのクレジットカードでnanacoへチャージをした後、そのnanacoで払うとクレジット側で5円、nanacoで10ptで15円です。


次ページ
ポイントを集められると高いのと交換できます→【ポイントは1ヶ所に集めて使えてこそ】へ

△スタートに戻る